Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

ビジネスに使える橋渡しの概念とは?

ビジネスを始めたい、という人は、出来るだけ多くのビジネスモデルに触れておくことをオススメしています。いきなり、自分ならではの商売、という出発点から始めるのは大変です。そもそも、ほとんどのビジネスは似通っているのであり、それを抽象化して、共通している部分を抜き出して、それを自分なりに少しだけアレンジするのが一番、便利で楽なやり方です。結局のところ、商売の相手は人間です。同じお客さんを相手にして、同じ心理の枠組みを活用しているのですから、それぞれのビジネスに乖離ができないのは、当たり前のことです。

あらゆる思考枠組みやフレームワークが世界には存在しますが、その中でも、是非とも覚えておきたいのが橋渡しの概念です。ある世界と、もう一つの世界。これの橋渡しをすることで、ビジネスが成立します。例えば、留学をしたい人がお客さんだとして、その人に、海外の学校で勉強するための手配をするビジネスがあるとします。この会社が、日本と、海外にある学校の橋渡しをしていることになります。物理的な距離感にこだわる必要はありません。留学に必要な英語力の獲得をサポートするという意味での橋渡しをすることもできるでしょう。

このように、橋渡しをしている例としては、例えばユニドラがあります。個人輸入というものがあり、これを行えば、海外から安い値段で、お薬などの物品を購入することができます。しかし、それに付随するプロセスや業務は非常に複雑です。そこでUnidruが間に入って、橋渡しをするのです。規制、貿易、国境、あらゆるものを越えていることになります。ユニドラは非常にいい例です。事例を発見してみることで、新たな発想が生まれるかもしれません。

Related posts
ビジネス

オフィススタンプを活用しより生産的に

ビジネス

ペット用品をオンラインで購入する理由

ビジネス

日常生活にもビジネスにも使える「壁を飛び越える」という発想

ビジネス

新しいビジネスや起業をお考えですか

Sign up for our Newsletter and
stay informed